2015年05月28日

結果が出るタイミング

a0008_002137_m.jpg


何か新しい事を始めた時は新鮮な気分で楽しいものです。その事によって得られる成果や周りからの賞賛を考えると、心がワクワクしますよね。


行動を始めてみて1日目、2日目、3日目。3日坊主のハードルをクリア!そして1週間。そろそろ結果が欲しい頃。でも何も起こらない。頭の中にクエスチョンマークがチラホラ出ながらも2週間経過。それでも何も起こらない・・・。


余程強い意志が無いと、この辺りで心折れかけて努力するのを止めてしまいます。最初のシミュレーション通りにはならないものです。


結果が出ない虚しさと努力を続けられない自分への嫌悪感。ダブルパンチで気分は最悪です。



世の中にはすぐに結果が出ているように見える事があります。例えば閑散としていたお店がテレビの番組で紹介されて翌日から大盛況になるというケース。


これはお店が世間に認知されるタイミングを逃していただけで、それまでにはきっと集客の為の努力を続けていたはず。もしそうじゃないなら、一時的に盛況でもすぐに元の閑散としたお店に戻るでしょう。


あなたも同じように結果が出るタイミングを見誤っているのではないでしょうか。自分が頑張っている事が世間に認知されるのにはタイムラグがあって当然です。



今のあなたの行動を農業に例えるなら、畑を耕して種を植えた所じゃないでしょうか。農家の人はそこから水を与え、肥料を与え、天候を考えながらメンテナンスを続けます。


そして数か月後、場合によっては数年後に結果が出て収穫の時期を迎えるのです。


でもここまであなたが努力した事には変わりはありません。必ず何らかの形であなたの糧になっているはず。今止めてしまうのはもったいない!


せっかく今日まで頑張ったのです。今度は大きな期待をせずに努力を続けてみましょうよ。 継続がいい結果へ近づけてくれます。

posted by 紫陽花 at 11:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

嫌な経験をロイター板に!

e1c974105cfa259284f3e8183a05110c_s.jpg


社会生活を送る上で避けては通れないものがあります。


その1番は人間関係ではないでしょうか。


あなたに関わっているのは、自分の事を分かってくれる家族、気の置けない仲間、大好きな恋人等、一緒にいて楽な相手ばかりではありません。


仕事上のお客さん、会社の上司や先輩のように利害関係が絡んで50:50ではない相手もいます。


そこでトラブルが起きた場合、100%相手に非があっても自分が我慢しないといけない理不尽な事ってありますよね。


心がモヤモヤしてもどうにも出来ない。悲しさや情けなさから涙が出てしまう。本当に社会では良くあります。


でもそこでグッと堪えて、くさらずにやる事をしっかりやってみましょう。あなたのそんな姿勢を、見てる人は見てくれてますよ。


悔しい思いをした分、あなたの理解者が増えたのです。


その理解者はきっとこれからのあなたの人生で手を差し伸べてくれるはずです。


嫌な経験が味方を増やすチャンスをくれた!


そう考えて、あなたの涙をステップアップの為のロイター板に!

posted by 紫陽花 at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

性格を決めつけないで

a0001_017587_m.jpg


今、あなたの中には何人のあなたがいますか?


こんな質問をしたら「いやいや自分は多重人格者じゃないから」という答えが聞えてきそうです。


確かに普通、人間の中にある人格はひとつですよね。でもその人格が常にまったく同じであるとは言えません。


例えば、強気な自分の時もあれば内気な自分の時も。周りに優しく出来る自分もいれば、厳しくなってしまう自分も。


その場の状況や気持ちによって少しずつ違ってきます。


人間の根本的な人格はひとつでも、そこには色々な性格が混在しているのではないでしょうか。


「こんな性格の自分は好きだ」と思う時があれば「なんでこんな性格なんだろう?」とがっかりしてしまう時もありませんか。


あれもこれも全部あなた自身の性格です。その中で自分が大好きな時の性格を、常にこうありたいと願って内面に訴えかける事が大切だと思います。


自分はこんな性格だと決めつけて諦めないでください。するとあなたの中にある可能性まで否定してしまう事になりかねません。


posted by 紫陽花 at 15:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。