2013年09月14日

瞬発力と持続力

a1180_009149_m.jpg

「これをやりたい!」と一度思い立つと、居ても立っても居られない人っていますね。

子供の頃、遠足の前夜のワクワク感。大人になってもその気持ちを持ち続けている人かもしれません。


そんな人が事を始める時のパワーは物凄いものがあります。

面倒な事前準備も精力的にこなし、協力を仰ぐ為に周りの人を説得して巻き込んでいく。

「ゼロ」のものを「イチ」にする大変さは並大抵のものではありません。

それだけにやりがいがあり、苦労を苦労と思わない程、楽しくて仕方ないのでしょう。

そして、達成した時の満足感といったら。


恐いのは、満足感でおなかいっぱいになり、急にモチベーションが下がってしまう事です。

事がスタートすると、発案者だけではなく色々な人が関わっている場合があります。

そんな周りの人達の為にも「イチ」「ニ」「サン」へと継続していかなくてはいけません。

でも、スタート時に頑張りすぎて、エネルギーが空になってしまった発案者。

最初から「10」の力で突っ走って、3日坊主で終わってしまったようです。


「派手なスタート」「瞬発力」で注目を集める事も必要でしょう。

でも、地味な継続を嫌い中途半端で終わらせてしまうのは愚かな事です。

協力してくれた周りの人からの「信用」も無くなります。


何かを成し遂げる為には意気込を少し抑えて、頑張り過ぎないのが大切ではないでしょうか。

「10」の力で3日坊主で終わるより「7」の力でコツコツと。

事を続けていくのに必要なのは「地道な努力」「持続力」なのです。


責任感を持ってそれを続ける事が、あなたへの「信用」へと繋がっていくはずです。
posted by 紫陽花 at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。