2014年02月13日

欠点を個性に

144.jpg


「人の目を気にしていたら何もできないよ」という事がよく言われます。

確かにそうです。普段生活する中でも他人の視線ばかりを気にしていたら、大切な所で金縛りになり思うように体が動きませんよね。

「人は人、自分は自分」と自身に言い聞かせて、我が道をマイペースで進めればいいのですが、そうはいかないのが人間というもの。

どうしても人の目が気になってしまいます。


そこには2つの心理があるのではないでしょうか。

ひとつめは「出来る人間、優秀な人間と思われたい」という気持ち。

もうひとつは「馬鹿にされたくない、笑われたくない」という気持ち。


両方とも、一人前の人間として認めてほしい願望の表れです。そこには大きな違いがあります。


前者はどちらかと言うと真新しい事で自分をアピールする為の考えだとも言えます。

こちらは事前準備をしっかりして、自己をコントロールすれば自信に繋がっていくチャンスかもしれません。


それに対して後者は、過去の失敗がトラウマになり、人に馬鹿にされてるのじゃないかと強迫観念に襲われている状態。

こちらはちょっと厄介ですね。

欠点を隠そうとすればする程、その存在が自分の中でどんどん大きくなり、自分自身の存在をも脅かすモンスターになりかねません。

でも案外人って他人の事には関心がないものですよ。大丈夫!誰も馬鹿にしていません!


少し勇気を出して、開き直ってみませんか?

人から指摘される前にさらけ出して、笑われる前に自分で笑い話にするのです。

「自分がポンコツ過ぎて参っちゃったよ〜」といった感じで。

自分から笑い話にしてしまえば欠点は個性に変わります。

更に、心を開いたあなたの欠点は武器に変わるかもしれません。
ラベル:欠点 大丈夫 個性
posted by 紫陽花 at 10:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。