2014年08月30日

自分サイズの幸せ

a0780_000359_m.jpg


体に身に付ける物。洋服や靴、帽子や眼鏡等々。

老若男女、万人にピッタリとフィットするものってありませんよね。

背の高さが違う。体重にしてもそう。

住んでいる環境や職業によっても千差万別。人のサイズは様々です。


同じように、感情も自分と周りの人がピタリと共有できるかは疑問です。

例えば笑いのツボ。人がゲラゲラと大笑いしているギャグも、自分が聞くと何がおかしいのかサッパリ分からないって事も。


感動の場面にしてもそうですよね。

一般的に悲劇と言われる映画を見て、涙を流してる人もいれば、まったく無反応な人だっています。


そこには感受性の問題だけでは片付けられない、もっと複雑な人間の内面が絡んでいると思うのです。

その人がそれまで生きてきた中で経験した悲しい事。

映画のシーンでそれが一気にフラッシュバックし、涙が溢れる場合もあります。

となると、第三者にはちょっと理解し難い感情ですよね。


ひとつの出来事を同時に遭遇しても、どのように感じるかは人それぞれなのです。


「幸せ」という感情にしてもそう。ひとつには括れない様々な形があります。


好きな人といられる幸せ。欲しかったものが手に入った幸せ。刺激のある生活を送れる幸せ。平穏無事に過ごせる幸せ。

傍から見たらどうでもいい事、時には不幸なんじゃないかと思える事も当事者にとっては幸せな場合も。


「幸せ」は人と比べられるものではありません。

あの人にはあの人の。そしてあなたにはあなたの「自分サイズ」の幸せがあるのです。


posted by 紫陽花 at 15:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。