2014年01月31日

形を変えた幸せ

a0002_001519_m.jpg


ずっと順風満帆な人生を送って来たのに、ふとした歯車のかけ違えでつまずいたり挫折したり。

誰でもいつ起こるか分からないものです。


恋人と別れた。離婚や死別で大切な人と離れ離れになってしまった。リストラで職を失ってしまった。

目の前に映る風景がカラーからモノクロに変わり、胸の中は悲しい気持ちでいっぱいに。

何も手につかずに、気がつけば楽しかった出来事を何度も何度も思い出して、出てくるのはため息ばかり…。

もう二度とあんな幸せな日々には戻れないと嘆いていませんか?



あなたが失ったのは、好きな人がそばにいたり、やりがいのある仕事に従事する事で感じていた「幸せ」ですよね。

嘆いてみても、過ぎ去った幸せはもう戻ってきません



ここでひとつ思い出してみてください。その「幸せ」は、あなたが何もせずに手に入れたものだったですか?

そうなる為に過去のあなたは置かれた状況の中で行動なり、努力をしたはずです。

その結果として「幸せ」を感じていたのではなかったでしょうか。

そしてあなたを取り巻く状況は変わり、全部過去のものに。


辛いかもしれませんが、もう一度ここから始めてみませんか

今の状況で、行動を起こしてみましょうよ。

昔と同じ幸せを得る事は無理ですが、それを幸せに感じていたのは過去のあなた。

今のあなたには、今のあなたが手にするべき幸せがあります。


「あんな幸せ」にはもう戻れないですが、「そんな幸せ」も「こんな幸せ」もあるのです。

あなたが失ったのは多くの幸せの中のひとつです。信じていれば必ず幸せは形を変えてあなたの前にやってきます。
タグ:幸せ
posted by 紫陽花 at 23:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

先入観というブルーシート

a1180_002740_m.jpg

これまでITというものに縁が無い生活をしていたAさん。自分の趣味の幅を広げてみようと一念発起してパソコンを購入しました。

専門業者に頼みインターネットに接続したまでは良かったですが、そこから先が進みません。

何をどうすれば使いこなせるのかチンプンカンプン。元々機械にはあまり強くないAさん。

「変な所を触って壊したらどうしよう。ウイルスとかいうものに壊されるって話も聞くしなぁ」と怖がっているうちに、パソコンを起動する事すらしなくなりました。


それからしばらくして、Aさんが仕事から帰宅すると幼稚園に通う娘さんがパソコンの前に座っていました。

彼女は鼻歌を歌いながら好きなアニメのサイトを見ています。しかも次から次にネットサーフィンをしているのです。

平仮名すらまだちゃんと読めない娘が何故?と不思議に思うAさん。

彼女は以前Aさんが取扱説明書とにらめっこしながらパソコンを開いていたのを後ろから見ていたのです。

起動の仕方を覚えていた彼女。あとは画像等を頼りにクリックしてインターネットを楽しんでいたのでした。

セキュリティ等の考えから幼児が勝手にネット接続するのは危険です。しかし、彼女がパソコンを使いこなせたのは「自分には難しい」という先入観が無かったからでしょう。


子供は難しい事は考えずに、何でも素直に吸収します。まるで渇いた土にホースで水を撒いた時のようにです。

大人はどうでしょうか?「無理だ」「怖い」といった先入観に邪魔されて、次の一歩が踏み出せない事が多くないでしょうか。

渇いた土の上に水を蒔こうとしても、ブルーシートが敷き詰められていたら全部弾かれてしまいます。


新しい経験や知識を求めるのは大人も子供も同じです。両者とも渇いた土なのです。

ちょっと勇気を出して、「先入観」というブルーシートを取り除いてみませんか。

渇いた土の中には、あなた自身の可能性が潜んでいるかもしれません。いっぱいに水を吸収して、その可能性を自由にしてあげましょう!

posted by 紫陽花 at 15:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

生命の自然治癒力

a1180_009593_m.jpg

色々な事で追い詰められ「辛くて死にたい」と思うあなたへ。


人間はそう簡単に死ねるものではありません。

ドラマは映画の人が死ぬシーンは、静かに目を閉じて安らかに…というものが多いですが、実際はそうではないと聞きます。

痛さ、苦しさに襲われながら死んでいくのが普通なのではないでしょうか。


仮に自ら命を絶つとしても、死にたい気持ちと裏腹に体は激痛に襲われ、苦しみながら死んでいくのです。

その痛み・苦しみこそが「まだ生きていたい」という動物的な本能なのではないでしょうか。

自殺とまではいかずとも、息を止めれば苦しいし、頬を叩けば痛いし…。

体は常に生きたがってます。


あなたが今抱えている問題。簡単には解決できない大変な事なのでしょう。

だからこそ全部投げ出して「死んでしまいたい」と思っているのですね。


そこまで思い詰めているのなら、一度投げ出してみましょう。

但し、死んで投げ出すのではなく、生きたまま投げ出すのです。


そこからまた様々な問題が発生してくるでしょうが、「死」を覚悟したあなたなら大丈夫。

人間、死ぬことより辛く苦しい事は無いはずです。きっと開き直れます。


そして、難しい事は考えずにお日様を浴びて、栄養のあるものを食べて体にいい事やってみましょう。

周りの雑音も気にしない!気にしない!


すると、まずは体が元気になってきます。体に生きる活力が戻ってくれば、心も徐々に…。


元々あなたの中にある、生命の自然治癒力を信じてみませんか
posted by 紫陽花 at 16:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。